もしもシークスと大手キャリアの違い

もしもシークスと大手キャリアはどう違うの?

 

「安い」だけでは乗り換えるための情報としては少ないですよね。

もしもシークスと大手キャリア(a社、d社、s社)の違いはどのようなところにあるのでしょうか。

以下のように表にまとめてみました。

 

もしもシークス&大手キャリア比較表

※大手キャリアは「通話かけ放題+データ通信」の料金形態の場合です。
割引などのサービスは含まれていません。

 

  • 月額料金

もしもシークスはあんしんコース¥2,980の場合です。

大手キャリアでは安くても¥6,500(通話かけ放題+データ通信2GBプランの場合)かかりますので、月に¥3,520もお得ということになります。

1年で換算すると、¥42,240も浮く計算となります。

 

  • 通話かけ放題

もしもシークス、キャリアともに通話定額プランがございます。

キャリアの場合は通話に制限はありませんが、もしもシークスの場合はコースによって無料通話の回数制限がございます。

通話に関しましては、LINESkypeなどの無料アプリで節約できます。

 

  • LTE通信速度

もしもシークスはドコモ回線を利用したMVNO携帯電話なので、つながりやすさやつながるエリアはドコモと一緒となります。

※通信速度に関しましては、もしもシークス独自の速度となっております。

 

  • データ通信容量

大手キャリアの場合は2~30GBの間で、容量別によって料金が変わるシステムとなっております。

もしもシークスの場合はコースによって使えるデータ容量が変わりますが、あんしんコース¥2,980ですと7GBの容量となります。

 

  • 契約期間

大手キャリアには2年縛りという契約があります。
携帯キャリアを乗り換えたい時には、2年縛りの終わりの更新月に解約をしない限り違約金を払わなくてはいけなくなります。
さらに、更新月を逃してしまうと契約は自動更新され、2年縛りが繰り返されます。

もしもシークスでは1年契約というものが存在しますが、更新月や自動更新は無く、1年以上契約していればいつでも乗り換えられることになっております。

 

  • キャリアメール

大手キャリアにはキャリアメールというものが存在しますが、もしもシークスにキャリアメールはございません。

GmailiCloudメールなどを使って代用することができます。

 

  • SMS/アプリ/Wi-Fi

SMS/アプリ/Wi-Fiに関しましては大手キャリア同様、もしもシークスでもご利用になれます。

 

安くても不自由なく使える

安いには安いなりの制限がありそうなものですが、意外と大手キャリアと比べても遜色なく使えることがわかりましたでしょうか。

キャリアメールなど、大手キャリアにはあってもしもシークスにはないものもありますが、無料アプリなどで十分代用できますのでそこまで困ることもありません。

通信速度も昼の12時などの通信利用量の多い時間帯は大手キャリアには敵いませんが、それ以外の時間ではなに不自由なく使うことができます。

月に3,520円浮いた分で結構いろいろな物を買えたりしますよね。

「安物買いの銭失い」にならないことだけは確かです。

 

もしもシークスに乗り換える方はこちら

スポンサードリンク



コメントを残す

新着記事