iOS10のSafariでは一度にすべてのタブを閉じることが可能に!

ありそうでなかった

 

iOSのSafariを使っているといつのまにかタブが大量に開かれていることに気づく時があります。

 

WEBサイトのリンクを押して勝手に新しいタブで開いてしまう時や、アプリからWEBサイトにジャンプした時などは案外新しいタブで開かれたことすら気づかないことが多いです。タブボタンを押してみると、ずらーっと無駄なタブが並んでいることがよくあります。

いままではそれをわざわざ一つずつ消していっていましたが、iOS 10にアップデートされて遂に開かれたタブの一気閉じ機能が追加されました。

 

そこで今回はSafariの開かれたタブを一度にすべて閉じる方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

タブの一気閉じ方法

 

Safariのタブを一度に閉じる方法はとにかく簡単です。

Safariタブ一気閉じ1

Safariタブ一気閉じ2

 

Safariの画面下部にあるタブボタンを長押しするだけ!

あとは「○個のタブを閉じる」を押せば開いていたタブをすべて閉じることができます(新規タブもここから可能)。

 

注意点としては、現在みていたページのタブもすべて閉じられること。

もし、まだみていたページも消してしまって困ったらタブを復活させてしまいましょう。

Safariタブ

Safariタブ2

 

タブの再表示は「タブ」ボタン>「+」ボタン長押しでできます。

 

 

タブの一気閉じはタブページからでもできますよ。

Safariタブ一気閉じ3

Safariタブ一気閉じ4

 

「タブ」ボタン>「完了」を長押しでできます。

 

まとめ

 

Safariのタブは放っておいたら10個近く増えていることもあったので非常に便利な機能が追加されたなぁというのが率直な感想です。こういう地味に便利な機能がどんどん増えていくとスマホの使い勝手が良くなっていくんですよね。大型な機能のアップデートもいいですが、細かい機能改善がスマホユーザーの心を射止めるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

新着記事