邪魔な音声入力ボタンを消す方法!【iPhoneのキーボード】

誤タップ多し

 

音声入力とはキーボードで文字を打たずにiPhoneに声を認識させることで文字を入力できる便利な機能です。使い道としては幅広くありそうなものですが、使わない人にとっては特に必要のない機能です。特に日本人はシャイな一面を持っていますから、便利でも使わないという人も多いのではないでしょうか。「オッケー、グーグル!」なんて恥ずかしくて言えません笑。

 

そしてその音声入力のボタンがキーボードの絶妙な位置に配置されているんです。

音声入力1

日本語キーボードの左下にマイクのボタンがあると思いますが、それが音声入力ボタンです。

このボタンの位置がとても絶妙で、よーーく使う文字の濁点・半濁点、小文字にするときのボタンや英字入力に切り替えるボタンの間にあります。そのため誤タップが非常に多い!!というのが現状なわけです(私の押し方が悪いのかな笑)。使いもしないのに勝手に起動すると多少なりストレスにもなります。

 

 

そこで今回はこの音声入力ボタンの消し方非表示をご紹介いたします。やり方はとっても簡単なので音声入力ボタンを煩わしく思っていた方はお試しください!

※以下の動作確認端末はiPhone 6 iOS 9.3.2です。

 

音声入力を消す方法

 

やり方は設定からオン/オフができます。

音声入力2

音声入力3

音声入力4

 

「設定」>「一般」>「キーボード」>「音声入力」をオフにするだけです!

たったこれだけで音声入力ボタンがキーボードから綺麗さっぱり消えてなくなります。

 

さて、実際に消えたか見てみましょう。

音声入力5

 

…あれ?…消えてない!!!

 

音声入力をオフにしたのに消えてません…。

「どういうことだ!!」とリンゴを投げつけようとしましたが落ち着きましょう。

 

もう一度、設定から「音声入力」のオン/オフを切り替えてみてください。すると…

音声入力6

 

ようやく消えました!

 

これで一件落着です。

少なくとも普段の文字入力の際に音声入力ボタンの誤タップが無くなると思います。とっても簡単でしたね!

 

まとめ

 

iPhoneは非常に多機能なスマートフォンですが、結構使っていない機能とかも多いのも事実です。そういった機能は設定でオフにすることができる場合が多いので、煩わしく感じたらオフにできないか探してみるのもいいかもしれません。これからも快適にiPhoneを使っていきたいですね!

 

スポンサードリンク



タグ: , ,

コメントを残す

新着記事