iOS11にアップデートすると32bitアプリが起動できなくなります

確認しておこう

 

ついにiOS 11のアップデートができるようになりました。

 

iPhone 8が発売され、近日中にはiPhone Xも発売されます。

それに伴い、iOSの方も”11”にアップデートできるようになりました。様々な機能が追加されたことは言うまでもありませんが、このアップデートには一つだけ注意点があります。それはiOS 11にアップデートしてしまうと32bitアプリが起動できなくなるという事です。

スポンサーリンク

 

以前から通知済み

 

以前のiOSを使っていてこんなメッセージを見たことはないでしょうか。

iOS1132bitアプリ起動できない1

 

これはiOS 10でとあるアプリを起動した時に出るメッセージです。

なぜこういったメッセージが出るかというと、Appleは前々から「iOS 11では32bitアプリは動作しませんよ」と通知をしていました。つまり、このメッセージが出るアプリというのは32bitアプリのことで、iOS 11にアップデートするとアプリが使えなくなってしまうことを教えてくれていたわけです。

 

ユーザーにはどうしようもない

 

ただ、このメッセージが出たからといってユーザーにはどうしようもありません。

32bitアプリを64bit化させるにはアプリの開発者が技術的に改良しなければなりません。どうしてもアプリを使いたい場合にはiOS 11にアップデートするのを控えるか、アプリ自体が64bit化されるのを待つしかありません。いままで愛用していたアプリも動作しなくなる可能性があるのでiOS 11へのアップデートには注意しましょう。

 

iOS 11にして32bitアプリを起動すると

 

iOS 11にアップデート後、32bitアプリを起動するとこうなります。

iOS1132bitアプリ起動できない2

 

iOS 10で32bitアプリを起動した時と同じようなメッセージがでてきます。

ただし、iOS 10ではこういったメッセージの後にアプリを起動することができましたが、iOS 11にアップデート後に32bitアプリを起動するとこのメッセージだけで終わります。開発者による64bit化がなされない限り、永遠に開けないアプリとなってしまうでしょう。

 

まとめ

 

以前から通知されていたとはいえやはり注意が必要です。

人気のアプリや更新頻度の高いアプリはすぐに64bit化されていると思いますが、何年も更新されていないアプリも数多く存在します。更新されていないからといってダメなアプリというわけではなく、いまだに重宝するアプリや面白いゲームがたくさんあります。そういったアプリを使うためにアップデートを控えるか、もしくはiOS 11でも起動できる代替アプリを探して使うかはユーザー次第です。ただ、アップデートを行う前には必ずアプリのチェックをしておくと後悔してしまうことも少なくなるでしょう。

iOS 11へのアップデートはお気をつけて!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

新着記事