耐水・防塵!新機種のiPhone XSをレビュー!

5.8インチ

 

iPhone XSがデビューしました。

 

これまではiPhone 6を使っていました。まだまだiPhone 6でも十分に使えるのですが、新しい機能に対応していなかったり容量の問題があったりと、多少なりとも不都合が生まれるようになりました。

 

そこで、ようやくiPhone XSに乗り換えました。

 

ホームボタンの有無や画面の大きさに多少の不安がありましたが、そこらへんも挟みつつiPhone XSの使用感レビューをしていきたいと思います。

 

そこで今回はiPhone XSの使用感レビューをお届けいたします。

スポンサーリンク

 

全体的な印象

 

まず、iPhone XSの全体的な印象から。

iPhone XS レビュー1

 

iPhone独特の高級感(実際に高いですが笑)はいつ見ても心を躍らせます。質感もデザインもカッコイイです。まるで赤子を初めて抱く時のように慎重に箱から端末を取り出して電源を入れます。そして、iPhone XSを初めて持った時の印象はズッシリとしていることです。

 

いままで主に使っていたiPhone 6が129 gですから、177 gのXSが重いと感じるのは当然です。しかし、長時間使っていたとしても腕が疲れるということはなく、使っているうちに重さにも慣れてきます。ただ、仰向けで寝ながら片手で操作すると重さが直にきます(顔に落ちたら痛そう笑)。

 

iPhone 6との比較

 

これまで使っていたiPhone 6とはどう違うのでしょう。

iPhone XS レビュー2

△左がiPhone XS / 右がiPhone 6

 

端末自体の大きさは並べてみてもそう変わりありません。端末の大部分がディスプレイとなっているので大きい印象を受けますが、持った感じはiPhone 6と同じように思えます(重さは違いますが)。

 

当然のことながらシステムの処理速度は速く、iPhone 6では多少の待ち時間が発生しているようなアクションもサクサクと進行します。iPhone 6で使えなかったARKitや3D Touch、Face ID機能などが使えるのも嬉しいです。

 

カメラ機能

 

やはりカメラは高画質です。

iPhone XS レビュー4

△ iPhone 6

iPhone XS レビュー5

△ iPhone XS

 

iPhone 6とカメラの画質を比較してみましたが、やはりXSの4年前に発売されたiPhone 6では敵いません。iPhone 6では写しきれない見えづらい汚れまでXSのカメラは写し出してくれていて、発色の良さも際立っています。XSのカメラは背面で12メガピクセル、前面でも7メガピクセルあるのでデジカメ要らずですね!

 

使用感

 

実際に使ってみた感想です。

iPhone XS レビュー3

△スクリーンショット

 

まず、ホームボタンが無い事で一抹の不安を感じていましたが、スワイプ操作でホームに戻れたりマルチタスクを開けたりするので快適です。また、画面の下端を右にスワイプするだけでアプリを切り替えられるのが特に便利だなと感じましたね。

 

それに、AssistiveTouchを有効にしておけば画面内に擬似ホームボタンを表示させておくことができるので問題なしです。他には、画面上部ステータスバーのバッテリー残量の数値が出ないのが残念ですが、コントロールセンターを開けば数値も一緒に見れるのでまぁ良いでしょう。

 

 

画面の大きさに関しては個人差があるかと思います。iPhone 6の端末サイズとほとんど同じと言えど、XSはそのほとんどがディスプレイなので手が大きい人じゃないと片手での操作はしづらいかと思います。まぁでも、ここらへんも慣れであって使っているうちに気にもならなくなると思います。

 

システムの処理速度などは文句なし!サクサクと快適に使えますよ!

 

まとめ

 

iPhone XSのレビューでした。

iPhoneの最新型だけあってサクサクと使いやすいです。「ホームボタンが無い」「ディスプレイが大きい」などの懸念点はありますが、そこらへんはシステム面が不安を解消してくれています。耐水・防塵と見えない部分での安心感も嬉しいです。重さにさえ慣れてしまえば快適に使えますよ!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

新着記事