iPhoneとAndroidの違いや特徴を簡単に解説!

iPhoneとAndroid

 

日本のスマホのOSはほとんどiOSとAndroidが占めています。

 

スマホを購入する時にはまず「iPhoneを買う」か「Androidを買う」か迷うはずです。どちらも使ったことがある人なら違いがわかると思いますが、使ったことが無い人にとったらどちらにしていいか迷うところですよね。

 

そんな時はiPhoneとAndroidの違いを理解しておくと良いです。二つのOSの違いを知っておくとスマホを選ぶ際に迷いが少なくなります。自分に合ったスマホを選んで購入してみましょう!

 

そこで今回はiPhoneAndroid違いや特徴を簡単に解説させていただきます。

スポンサーリンク

 

端末の種類

 

端末の種類は圧倒的にAndroidが多いです。

 

iPhoneはAppleという一つの会社が開発・販売しているのに対し、Androidは様々なメーカーが端末を開発・販売しています。SONYやSHARPなどといった日本企業から、ASUSやHUAWEIなどといった海外メーカーまで製造を行っています。

 

そういう意味ではAndroidの方が端末を選ぶ時の選択肢が多いです。デザイン性や機能性を重視してスマホを選ぶこともできます。一方、iPhoneは端末の種類こそ少ないですが、選択肢が少ない分、iPhoneを買うと決めたら迷うことなく端末を買えるのが魅力です。

 

端末の価格

 

端末の価格でも違いがあります。

 

iPhoneの端末は型落ちや中古でない限り基本的に価格が高いですが、どの端末もハイスペックなので機能性で不満に思うことは少ないでしょう。最新のiPhoneであれば高グラフィックのゲームもサクサクと動きます。

 

 

Androidはいろんなメーカーが開発・販売しているので、端末によって価格がバラバラです。10万円を越すようなハイエンド端末から1万円台の格安スマホも売られています。そのため、自分がどれくらいスマホを使うかを基準にして端末を選べるのがメリットです。

 

逆に、安いスマホを買ってしまうと重めのゲームを遊ぶ時に動きがもっさりとして遊びづらくなってしまったり、そもそも起動できないなんてこともあり得ます。格安スマホでもメールや電話程度なら問題なく使えるので、自分のスマホの使用度合いを考慮してみるのが大切です。

 

慣れ度

 

同じスマホを使っていると慣れてきます。

 

長い時間一つのスマホを使っていれば当然扱いになれてきますが、そのうち新しいスマホに乗り換える時が来るはずです。乗り換えた時に同じような感覚で使えるのはiPhoneの方でしょう。

 

なぜなら、どのiPhoneでも使い勝手はほとんど同じだからです。新しいiPhoneが出ると新しい機能を搭載していることはありますが、基本的にはどれも使い方は一緒です。「端末を乗り換えて使い方がわからなくなった」なんてことが少ないのがiPhoneの魅力です。

 

 

Androidも基本OSは同じなので乗り換えてもまるっきり変わるわけではありませんが、メーカーによって独自のUIや機能を追加・カスタマイズできたりもするので端末によって使い勝手が変わります。「前の端末は使いやすかったのに今の端末は使いにくい(逆も然り)」なんてこともあり得ます。

 

また、メーカーが開発やアップデートを行うのでOSのバージョンも端末によって違います。すべての端末が最新のOSに対応しているわけではないため、わからない事や機能が使えるかどうかなどを調べるのが少々面倒だったりもします。

 

カスタマイズ性

 

カスタマイズ性にも違いがあります。

 

スマホを使っていると壁紙やアイコンなどを変更したり着せ替えたいと思う時がありますよね。そんな時にカスタマイズ性が高いのはAndroidの方です。

 

Androidは壁紙やアイコンを好きなように変更できたり、アプリを使って全体的なテーマを着せ替えたりもできます。他にも、ホーム画面にウィジェットを設置できることでカスタマイズ性も大幅にアップしています。

 

 

逆にiPhoneは壁紙変更のような限定されたカスタマイズしかできません。アイコン変更も一応はできますが、アプリの開発元側がアイコン変更機能を付ける必要があるので好きなように変更はできません。機能が限られているので、そういった意味ではiPhoneはわかりやすい仕様になっています。

 

使いやすさ

 

使いやすさはどれだけスマホを使うかにもよります。

 

iPhoneは機能がAndroidに比べると限定的であったり、どの端末でも使い勝手があまり変わらないので、スマホ初心者でも扱いやすくなっています。端末の価格が高いので電話やメールだけだと少々もったいない気もしますが、すぐに使い方に慣れることができるでしょう。

 

Androidはカスタマイズ性や汎用性の高さから、スマホを使いこみたい人に向いています。基本的な機能はもちろん、カスタマイズでスマホを自分色に染めたい人やガジェットを使いたい人などにうってつけです。

 

スマホケース等

 

スマホケース選びなども大切ですね。

 

スマホを買うとスマホケースを付けたり、画面に保護シートを貼ったりします。iPhoneは端末の種類が少ないので、そういった関連商品を買い求めやすいのがメリットです。100円ショップでも売られているのが嬉しいですね。

 

 

Androidは端末の種類が多い分、スマホの画面の大きさや形なども異なります。つまり、機種に対応した商品を買う必要があり、お店に行って必ず使っている機種の商品が売っているとも限りません。特に海外製スマホの商品は手に入りづらく、大きな家電屋さんに行くかネットで購入するかになってしまいます。充電器も端末によって違うのがネック!

 

しかし、AndroidではUSBが使えるようになるOTGケーブルやSDカードなども使えたりします。パソコン好きや機械好きな人にとってはAndroidのガジェットは魅力的と言えるでしょう。

 

まとめ

 

iPhoneとAndroidの違いでした。

iPhoneは価格こそ高いですが、機能も使い勝手も安定していて使いやすいです。Androidは端末の選択肢が多く、自分のニーズに合った商品を選べたり、見た目を自由にカスタマイズできたりするのが魅力的です。結局は使ってみるのが一番ですが、自分がどれくらいスマホを使うかを判断基準にスマホを選ぶとわかりやすいですよ!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

新着記事