もしもシークスから販売の「HTC Desire 626」を使ってみた感想・レビュー

ライトユーザー向け

 

10月下旬にもしもシークスから「HTC Desire 626」が販売となりましたが、どういったスマートフォンなのかというのがわからないという方も多いと思われるので、今回は「HTC Desire 626」の実機レビューをしていきたいと思います。

簡単なスペックに関しましてはこちらをご覧ください。

 

「HTC Desire EYE」の実機レビューはこちらからご覧ください。

もしもシークスから販売の「HTC Desire EYE」を使ってみた感想・レビュー

スポンサードリンク

 

見た目・デザイン

「Desire 626」の全体的なデザインを見ていきましょう。

 

まずは正面からです。

HTC Desire 626

 

「Desire 626」のカラーの1つであるマリーンブルーは、ダークブルーを基調とした落ち着いた色です。

正面から見ると、とてもシックな印象があります。

ただ、ディスプレイが角度によって「 [] 」のマークのようなものが若干見えるのが気になります。

 

 

続いて、背面からです。

HTC Desire 626

 

全体的にダークブルーで、ワンポイントに明るいマリーンブルーが施されています。

写真では光の具合から指紋がビッシリ(笑)見えますが、人間の目から見ればほとんど見えず気になりません。

質感は指が止まる感じがします。

 

 

続いて、側面からです。

HTC Desire 626

 

シンプルに、ボリュームボタン電源ボタンのみです。

余計なボタンのないシンプルでスッキリとしたデザインはとても好印象です。

 

逆側はSIMカードやSDカードの挿入口になっています。

HTC Desire 626

 

この挿入口は一連になっていて、指で簡単に開けることができます。

わざわざSIMピンなどで挿して開ける必要がないのが楽で嬉しい!

逆に捉えればすぐに壊れそうと思うかもしれませんが、そう頻繁に開ける箇所でもないので大丈夫でしょう。

 

 

続いて、端末の大きさ比較です。

まずは同じHTCの「Desire EYE」との比較です。

HTC Desire EYE

 

「Desire EYE」よりも若干小さめですが、ディスプレイは約5.0インチあるので画面は大きいといえます。

「Desire 626」にはフラッシュが付いていません。

※映り込みにより画像編集をしています。ご了承ください。

 

続いて、「iPhone 6」との比較です。

HTC Desire 626

△左が「Desire 626」、右が「iPhone 6」

 

「iPhone 6」よりも一回り大きいのがわかります。薄さも「Desire 626」がやや太め。

 

持ち心地

「Desire EYE」の持ち心地はやや滑る感じがしましたが、この「Desire 626」の方は指がしっかりと引っかかる感じがして持ちやすいです。

さらに端末の角の部分が丸みを帯びていて、質感も非常にサラサラとしているので長時間でも持てます!

女性の肌にも安心できる持ちやすさでとにかく軽いです!

 

ボタンも親指だけで操作できるので余計な動きを最小限に抑えることができます。

 

ディスプレイ

「Desire 626」はかなり安価な部類のスマートフォンですが、画質もかなり綺麗です。

HTC Desire 626

△使用アプリ:N.O.V.A. 3 /GameloftiOS / Android

 

2万円台のスマートフォンとは思えないくらいの高画質なディスプレイです。

3Dゲームをすると「Desire EYE」などのハイスペック機に比べると描写力は幾分落ちますが、それでも十分すぎるほどのパフォーマンスを備えています。

ゲーム中にも暗い画面の部分に前述の「 [] 」マークが浮き出てくるのが気になります。

 

サウンド

「Desire 626」のサウンドは正直良いとは言えません。

「Desire EYE」と同じく前面スピーカーが付いていますが、「Desire 626」はモノラルなので迫力感や臨場感は感じられません。

 

迫力あるゲームや音楽を楽しみたい人には少し物足りないサウンドかもしれません。

 

カメラ

カメラの画質はメインカメラが画素数約1300万画素で、インカメラが画素数約500万画素と非常に高画質です。

 

ただし、例のごとく私のカメラの腕前がど素人の極みなのであまりいい写真とはいいがたいです。

まずはメインカメラから写真をぱしゃり。

HTC Desire 626

 

 

続いて、インカメラから写真をぱしゃり。

HTC Desire 626

 

一つ言えることは、うまい人が撮れば綺麗な写真の撮れるスマートフォン!ということです笑

インカメラは割と一般的な画素数ですが、メインカメラはとても画素数が高く、「Desire EYE」にも引けを取りません。

 

「Desire EYE」にもついている機能でしたが、「美肌効果機能」や「笑顔自動シャッター機能」もついているので、カメラでよく撮るけどハイスペックな機種は必要ないという方はこちら向きです!

 

アプリの使用感

ハイクオリティの3Dアクションゲームでも映し出される画質は非常に綺麗な「Desire 626」ですが、ややスペック的に落ちるため動きが頻繁にカクツキます。

3Dアクションゲームやオンラインゲームなどは向かないです。

 

ただ、まったく遊べないほどではないので一応遊ぶこともできますし、処理の多いゲームでなければストレスなく普通に遊ぶことができます!

逆に考えれば2万円台の格安端末としては十分すぎるほど遊べますよ!

 

バッテリー

「Desire 626」のバッテリーは一般的な端末に比べれば良いと言ってもいいでしょう。

特に何も操作せずに放置していても数%しか減りませんし、本体がもともと省電力設計の端末なので心配するほどではありません。

出先でバッテリーを心配して使うことをためらうことも少ないでしょう。

 

期間限定でドットビューケースが付いてくる!

もしもシークスで「Desire 626」をご注文になると、期間限定でドットビューケースがもれなくついてきます!

 

ドットビューケースとはこういった感じのものです。

HTC Desire 626

HTC Desire 626

 

可愛らしいドットビューの世界が楽しめます!

時刻や天気、着信の情報などがドットビューで表示されますよ~!

 

 

ケースを開けるとこんな感じです。ぱかっ、でたっ。

HTC Desire 626

 

ケースを開いても手を離せば自動的にケースが閉じます。

デザイン的にも黒色のケースは無機質すぎます笑

 

総評

2万円台からの価格帯でもわかるように・・・ライトユーザー向けです。

私のようなスマホヘビーユーザーにとっては少し物足りないかなぁ・・・という印象です。

 

ただし、値段の割にスペックは高めです!あまりスマホをいじらない人や、ゲームなどはあまりやらないけどLINEや動画を観るくらいなら頻繁にやるという人が一番向いている機種と言えます。

むしろそれでも十分すぎるほどのスペックはあります。ライトからヘビーユーザーの中間くらいの人でも満足できる代物です。

お値段以上」という言葉がまさにピッタリだと思います。

中学生や高校生など、初めてスマホを持つ人にもオススメです!

 

可愛らしいデザインや扱いやすいスマートフォンということで女子高生にもピッタシです。

カメラ機能も女の子向きですよ!ぱしゃぱしゃぱしゃ!

 

 

もしもシークスから「HTC Desire 626」をご購入いただきたい場合はこちらからお申込みできます。

もしもシークスから「HTC Desire 626」を購入

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

新着記事