iPhoneの電波表示を数値化できる隠しコマンドの方法

ネタとして

 

iPhoneの電波って「●●●●○」のように丸ポチで表示されますよね。

 

5段階評価でなんだかアバウトすぎて電波が良いんだか悪いんだかいまいちわかりません。これが数字で表されていたらわかりやすくなりそうですよね?

 

実はiPhone隠しコマンドで、この電波の表示を数値化することができるんです。

 

今回はそのやり方をご紹介いたします。

※この隠しコマンドは技術者が使うためのテストモードです。一般向けに公開されている訳ではないので試してみたい方は自己責任で、もしくはネタとしてご覧ください。

スポンサードリンク

 

やり方

 

電波表示を数値化するやり方は簡単です。

 

まずは電話アプリを開いて「*3001#12345#*」と入力し、発信ボタンを押すだけです。

iPhone隠しコマンド1

 

電話アプリを使いますがどこかに電話をかけている訳ではなく、携帯内部で処理されているので電話代は一切かかりません。なので履歴にも一切残りません。

 

 

この番号で発信ボタンを押すとすぐに以下のような画面に切り替わります。

iPhone隠しコマンド2

 

以前までのiOSバージョンだとこの画面からも数値化された電波を見ることができたのですが、iOS9の新機能である”直前に使っていたアプリに戻れる”機能が表示されて見ることができません。

 

 

これを見るためには以下のような操作が必要です。

 

まずは「Field Test」の画面のままスリープボタンを長押しします。

iPhone隠しコマンド3

 

当然、iPhoneの電源を切る画面に移りますがこれでOKです。

 

次にこの画面のままホームボタンを長押しします。

長押しはホーム画面に切り替わるまで続けてください。

 

 

すると、ホーム画面では電波表示が数値化されています。

iPhone隠しコマンド4

 

「iPhoneを手で持つと電波が弱くなる」などの情報を聞いたことがある人も多いかと思いますが、数値化されることによってどんな状況で電波が強くなったり弱くなったりするかが把握しやすくなります。

 

この数値は値が低いほど電波が弱く、値が高いほど電波が強いことになります(マイナス表示なので-50 > -100となります)。

簡単な目安では-100以上(-99,-98…-50)の数値はアンテナ本数で言う4,5本の状態です。

 

 

もし、アンテナ表示に戻したかったら先ほどの手順を繰り返し、

*3001#12345#*」→「Field Test」の画面ですぐにホームボタンを押せば元に戻ります

 

まとめ

 

実際のところ数値化されたところで一般ユーザーにはわかりづらくなるだけかもしれません笑。

アンテナで5段階表示されていた方がよっぽどわかりやすいですし、電波の状況も把握しやすいです。テストモードなので技術者以外にはあまり意味を持ちませんね。

というわけでネタの隠しコマンドでした!

 

スポンサードリンク



コメントを残す

新着記事