解約したiPhoneの使い道!スマホを買い替えたら…

放置はもったいない

 

iPhoneも使っていればそのうち解約する時がくるはずです。

 

新しいiPhoneが発売されたり、違う機種に乗り換えたくなることもあるでしょう。

そんな時、それまで使っていたiPhoneをどうしていますか?新しいiPhoneを買う時に下取りに出したり、家に放置していたりしていますか?

売るのは個人の自由なのでまったく問題はないのですが、使えるものを家に放置していたらもったいなくないですか?実はiPhone(他のスマホでも)は解約しても普通にアプリやLINEなど使用することができるんです。

 

そこで今回は解約したiPhoneの使い道・活用法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

WiFiに繋ぐことが前提

 

まずは解約したiPhoneを十分に使うためにはWiFiに繋いでいることが前提です。

なぜなら、解約するまではWiFiがなくても携帯回線でネットに繋ぐことができました。携帯を十分に使うにはネット環境が必要なのでWiFiが必要ということです。

 

SIMカードが入っていることが前提

 

解約したiPhoneを使うにはSIMカードが刺さっていることが条件になります。

nanoSIM

SIMカードが刺さっていなくてもWiFiからネットに繋ぐことはできますが、iTunesに同期やiOSをアップデートできなくなります

SIMカードはスマホを乗り換え時にショップの店員さんから返却を促されますが、「解約したiPhoneを活用したい」などの理由を言えばそのままにしておいてくれます。解約したiPhoneをはじめから使う気でいるならしっかりと店員さんに伝えておきましょう。

 

それでもSIMカードを返却せざるを得ない時や失くしてしまった時などはアクティベートカードを購入することで解決する場合があります。

 

 

解約iPhone活用法

解約iPhoneでなにができる?

 

解約したiPhoneで実際どんなことができるのでしょうか。

 

  • アプリのダウンロード・使用
  • WEB閲覧
  • 音楽・動画
  • LINEなどの無料通話
  • Gmailなどのフリーメールの使用 など

 

これらからわかるように、解約していたとしてもWiFiにさえ繋いでいればこれだけのことができるのです。iPhoneの機能の9割以上は使えるといっても過言ではないでしょう。これだけできればiPhoneを家に放置して埃を被らせていたらもったいないですよね。

 

逆にできないことは?

 

解約してしまった以上、当然使えなくなってしまう機能も存在します。

 

  • 番号による電話
  • キャリアメール
  • SMS
  • LINEの年齢認証 など

 

番号による電話はもちろん、キャリアメールの使用やSMS、LINEの年齢認証も使えなくなってしまいます。ただし、アプリによる無料通話は使えますし、フリーメールを使えば代替可能です。LINEの年齢認証はできませんが、QRコードのアドレスによるアカウント交換方法などがあるのでそこまで問題にもなりません。

 

LINEを使いたい場合

 

LINE

新しい携帯電話にLINEのアカウントを引き継いだ場合、解約したiPhoneに入っていたLINEのデータはすべて消えてしまいます。そういった場合はもう一度アカウントを作りなおす必要があります。

電話番号でのアカウント作成はできないので、FaceBookのアカウントを使って作成しましょう。そうすれば解約したiPhoneでもLINEを使うことができます。

 

まとめ

 

解約したiPhoneでもWiFi環境さえあればiPod Touchのように使用することができます。

解約iPhoneを音楽専用機にするのもいいですし、写真をたくさん撮ってデータを溜めておくこともできます。携帯回線はなくなってしまいましたが、解約してもいろんな活用法があるのが嬉しいですね。ポケットWiFiを持っていれば外出時にもネットを使えるということです!

 

あとはみなさんの活用目的次第です。

放置しているiPhoneがあったら活用してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク



タグ: ,

コメントを残す

新着記事