空き容量確保!Androidアプリのキャッシュを削除する方法

キャッシュ削除

 

キャッシュを削除できます。

 

キャッシュとは一時的にデータを保存し、次回以降同じデータに素早くアクセスするための仕組みのことを言います。キャッシュはスマホのストレージ内に溜まっていくので、気付かぬうちに容量の空きが少なくなっていきます。

 

しかし、そのキャッシュは削除できます。

Androidではアプリ別にキャッシュを削除することができるので、必要無いと思ったアプリのキャッシュを削除してストレージの空き容量を確保することができます。容量が無くなってきたと感じたらキャッシュに注目してみましょう!

 

そこで今回はAndroidアプリのキャッシュ削除する方法をご紹介いたします。

※端末環境:Priori 5(Android 7.1.2)

スポンサーリンク

 

キャッシュの削除方法

 

まずは『設定』アプリを開きます。

Androidキャッシュ削除1

Androidキャッシュ削除2

 

『設定』アプリを開いたら「アプリ」の項目をタップして開きます。アプリの一覧が表示されるので、キャッシュを削除したいアプリを探して選択しましょう。

 

 

次に「ストレージ」を開きます。

Androidキャッシュ削除3

Androidキャッシュ削除4

 

アプリを選択するとアプリの情報画面に移るので、その中にある「ストレージ」の項目を開きます。あとは「キャッシュを削除」ボタンからキャッシュを削除してあげればいいだけです。「キャッシュ」の横に書いてある数字はキャッシュのデータサイズを表しています。

 

よく使うブラウザやSNS系のアプリはキャッシュが溜まりやすいので、空き容量を大きく増やしたい場合はそこらへんのアプリのキャッシュから綺麗にしていくと良いでしょう。キャッシュを削除するとアクセススピードなどが多少遅くなったと感じたりもしますが、ストレスになるほどではないので問題ないでしょう。

 

まとめ

 

Androidアプリのキャッシュ削除方法でした。

Androidではアプリを個別にキャッシュ削除できるのが嬉しいですね。気づいたら何百MBもキャッシュが溜まっていることもあるので、定期的にキャッシュを削除しておくと快適に使えそうです!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

新着記事