iPhoneが「圏外」になる時の4つの対処法

iPhone 圏外

 

iPhoneが圏外になることがたまにあります。

 

圏外とは電波が届く範囲外にいるという意味なので、山奥などで圏外になってしまうことはしょうがないことですが、家や学校など、普段は繋がっているエリアなのに「圏外」が表示されてしまうと困りますよね。

 

そんな時はいくつかの対処法を試してみましょう。

圏外の中にも一時的に直る圏外と故障などの関係で圏外になってしまうものがあります。ずっと圏外になったままだと生活に支障をきたしてしまうので早めに対処をしておきましょう。

 

そこで今回はiPhone圏外になる時の対処法をご紹介いたします。

※端末環境:iPhone XS(iOS 13.3.1)

スポンサーリンク

 

① 再起動する

 

手っ取り早く試せるのが再起動です。

 

iPhoneに問題や不具合が起きた時、一番最初に試しておきたいのが端末の再起動です。一時的に圏外になっている場合は再起動で直ることがあります。再起動後に電波を拾えるようになれば一件落着ですが、何かしらの故障や不具合で起きている場合は直らないことが多いかもしれません。

 

② SIMカードを差し直す

 

SIMカードを差し直すのも一つの手です。

 

まずはiPhoenの電源を切った状態でiPhoneの側面にあるSIMトレイの穴にSIM取り出しツールやクリップなどの細い棒を差し、トレイを取り出してからSIMをきちんと枠に合わせ直し、再びiPhoneにトレイを挿入してみましょう。トレイを挿入したらiPhoneの電源を付けて電波を確認してみてください。

 

SIMカードを差し直す対処法は結構直る確率が高いですが、少し時間が経ったらまた圏外になってしまうことも多いです。何回かSIMを差し直してもすぐに圏外になってしまう場合は③の対処法に移るのが良いでしょう。

 

③ SIMカードの交換

 

SIMカードを交換して直る場合もあります。

 

契約している通信事業者(auやdocomo、Softbankなど)にiPhoneが圏外になってしまうことを伝えれば新しいSIMカードと交換してもらえることがあります。電話のサポートやお近くのショップに行って相談してみましょう。

 

④ Appleに連絡(iPhone 7)

 

ある期間に製造されたiPhone 7には圏外の問題があります。

 

2016年9月から2018年2月までの間に製造されたiPhone 7には端末の故障によって圏外が表示される場合があります。対象のiPhone 7であればAppleに連絡をすることで無償で修理してもらえるようです。ただし、期限はiPhone 7購入日から3年間が対象となるので注意しましょう。

詳しい情報は公式ページからご確認ください。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone-7-no-service

 

まとめ

 

iPhoneが圏外になる対処法でした。

圏外といってもすぐに直るものからずっと圏外のままになってしまうものまであります。ずっと圏外になってしまう場合は端末やSIMの故障・不具合が多く、通信事業者やAppleに連絡する必要があります。①の順から試していくとスムーズに対処できるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

新着記事